諸施設の借り方

体育館会議

体育館会議とは

 正式には体育館使用団体連絡会議といい、第一体育館(柔道場、剣道場、卓球場、球技場)と第二体育館の使用日程・時間帯の調整を行っています。  

会議の構成

 上記の体育館を使用する部・サークル等の代表と学友会学生理事会において選出された議長によって構成されています。

会議の日程・場所

 毎月1回昼休みに行っています。具体的な日程は議長から直接担当者に連絡します。連絡先はtaiikukan2014(at)gmail.comです。
 これまで体育館を使用していなかった団体が体育館の利用を希望する場合、担当者の方に体育館会議に出席し、体育館を利用する必要性を説明していただき、枠を譲ってくれる団体があった場合利用を認めることにしています。

柏蔭舎会議

柏蔭舎(はくいんしゃ)とは

 駒場キャンパス南⻄部に位置する駒場池(一二郎池)のわきに建つ課外活動施設です。10畳の畳敷きの和室2間と廊下があり、床の間や違い棚、付書院といった書院造の基本的な構造と、炉畳や水屋といった茶道に必要な構造を有しています。また、空調も備え付けられ、別棟のお手洗いもあります。現在は、伝統文化系の活動を行う団体が主に利用しています。

利用するには

 本学の学生・教職員ならば誰でも利用できます。ただし、活動に柏蔭舎の利用が不可欠な伝統文化系団体の利用が優先されます。利用を希望する場合、利用日の前月の「柏蔭舎会議」に出席しなければなりません。柏蔭舎会議は、柏蔭舎の利用予定の割り振りをはじめ柏蔭舎の利用全般に関する事柄を扱う機関であり、柏蔭舎利用団体の代表者により構成され、毎月下旬に定例会が開催されます。会議での調整を経て、利用当日正門守衛所で「鍵等貸出カード」と交換に柏蔭舎の鍵を借りることができます。

会議の日程・場所

利用予定の割り振りを行う定例会については、毎月下旬、主にオンラインで行っています。詳しくは議長から直接担当者に連絡します。議長の連絡先は、学友会窓口・学生支援課学生支援チームよりお知らせします。

多目的ホール(駒場小空間)

一般使用と継続使用

多目的ホールには利用方法として、一般使用と継続使用があります。練習などの目的でホールを一時的に使用することを一般使用と言います。この場合、一回の使用は一団体3時間、週3回までになります。一方、公演をやる場合などはホールを複数日(一週間以内)連続で借りることができます。これを継続使用といいます。継続使用は、半年ぐらい前から予約を始めないといけませんが、その分最優先で、また夜間も使用できます。継続使用で使用しない日が一般使用での練習などに使用できます。

利用申請の仕方

一般使用の場合、毎月初めに行われるホール会議に参加して、使いたい日時を申告してもらいます。その上で、使用日の前日までに学生課課外活動掛で手続きをしてもらいます。継続使用の場合、年に3回開かれる、継続使用を扱うホール会議に参加して予約することが必要です。4〜7月を夏期、10〜12月を冬前期、1〜3月を冬後期として1年が3期に分かれています。継続使用を希望する団体は、使用したい期の2期前のホール会議から出席してください。(その2週間前までに申請をしておくことが必要です。)

駒場コミュニケーション・プラザ割り振り会議

コミュニケーション・プラザとは

コミュニケーション・プラザは2006年度に開館した施設で、生協などが入った建物です。学友会では、そのうちの北館2,3階(生協購買部の上のフロア)の貸出施設の事前割り振りを行っています。

割り振り会議について

正式には東京大学駒場コミュニケーション・プラザ北館内教室等利用予約割り振り会議といい(以下「割り振り会議」)、駒場コミュニケーション・プラザ北館の多目的教室、音楽実習室および準備室、舞台芸術実習室および準備室、身体運動実習室(以下「北館内教室等」)の使用日程・時間帯の調整を行う会議です。

会議の構成

上記の北館内教室等を使用する部・サークル等の代表と学友会学生理事会において選出された議長と数名の議長補佐によって構成されています。

会議の日程・場所

毎月上旬に割り振り会議を行って翌月における北館内教室等の使用割り振りを決めます。毎月の会議の日程・場所・連絡事項についてはコミプラ.comにてご確認下さい。
その他割り振り会議のガイドライン等については、コミュニケーション・プラザ窓口前に置いてある割り振り会議の手引きをご参照下さい。
駒場コミュニケーション・プラザは、本学の学生・教職員ならば誰でも利用できます。

団体利用

団体利用を行うためには、学生課に団体登録が必要です。事前予約を希望する場合は、利用する月の前月の割り振り会議までに登録を完了する必要があります。
?事前予約
事前予約とは、随時予約に先行して施設の利用を申し込む方法をいいます。事前予約を希望する月の前々月末日(土日の場合はその前日)までに北館・和館事務室に事前予約申請書に必要事項を記入して提出し、利用する月の前月の割り振り会議を通して利用の申し込みをします。
?随時予約
利用する月の前月21 日から、事前予約の確定後に空いている部屋については、北館・和館事務室で、利用日の前日まで随時予約を先着順に受け付けます。

個人利用

施設利用当日に、音楽実習室、舞台芸術実習室、身体運動実習室に空室がある場合は、個人利用ができます。当日、北館・和館事務室で学生証を呈示して入室の申請を行います。

  

主な書類の提出期限

                  <新規加盟申請書等の書類>
受付中です
※学友会ポストへの提出も可能ですが、記載ミスがある場合再提出をお願いしますので、窓口への提出を推奨します。

リンク

G-BAS

第32回銀杏並樹文学賞

東京大学駒場コミュニケーション・プラザ

駒場小空間(多目的ホール)

東京大学学生会館・キャンパスプラザ

東京大学教養学部学生自治会

東京大学生協駒場学生委員会

東京大学教養学部オリエンテーション委員会

お問い合わせ先

メールアドレス: support(at)gakuyu-kai.org

電話番号: 03-3469-2544

所在地: 東京都目黒区駒場3-8-1キャンパスプラザA102